Webコンテンツをプロデュース=スケジュール遅れがちを解消

Webコンテンツを立ち上げるのはシステムの構築方法やデザイン定義や設計・落とし込みは無限大の方法があるため、スケジュールや提案は個人の資質によるところが大きいため、プロデューサーやディレクターの能力により進行や品質が左右されてしまう。

無論経験則や、ベーススキルにもよるところもあるが、「決め」を作りルーチン化できる部分と「創り上げる必要がある部分」を切り分けてその場面で「決め」られる部分を前倒しで決定していくことが重要。

なかなか説明することは難しいが、html、PHPなどの言語でコンテンツを構成していく以上、「決め」られる部分は少なからずあるわけで、いい意味で力の抜きどころを「決め」ていくことで、結果スムーズな進行、注力すべきところに工数をさけるようになると考えられる。