「要するに○○......」とは浅い聞き方

なんと無しによろしくはない。という感覚で使うのを控えていましたが、理論で考えると深い意味がありますね。

客先には使わないように心がけていますが、社内ではまとまらない会議などの時によくつかっちゃってました。

「要するに」と発してしまうだけで、新たな可能性の芽をつぶしているのであればすごくもったいないことなので、場面を考えて使うようにしたいものです。